ありのままの自分を表現する大切さ☆

おはようございます、やまゆうです。
2学期の途中から小学校2年生の娘がダンスの練習に夢中でがんばっています。
何でも3学期のお楽しみ会?音楽会?のようなもので、このダンスを披露するようです。
クラスのダンスチームのみんなで発表をするようで、昨日もお風呂の中でダンスを見せてくれました。

まず1番凄いのは
元気の良さ!声もデカいし、ダンスの激しい、激しい。
終わったら「はあ、はあ」言ってしゃべりかけてきました。
ものの2分ほどダンスしただけですよ(笑)

その中で、ありのままの自分を表現するということを教えてくれました。
子供のダンスを見ながら、「人にどう思われるか」ってことは関係ないんだな~と
しみじみ感じました。

全力でありのままを表現するから、大きな感動が生まれるんですね。
そこにうまいか、下手かは関係ないんですよね。

僕はついつい
・うまいか、下手かとか
・正しいか、正しくないか
という判断基準を使ってしまいます。

でも娘を見ながらしみじみと、
・自分がやりたいか、やりたくないか
・楽しいか、楽しくないか
で判断する。とてもシンプルでいいんだということに気付かされました。

本当に大事なことですよね。
ずっとこのまま、ありのままの自分を全力で表現する娘でいて欲しいし
それを伸ばしていこうとおもうパパでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です