やらなければならないことをやりたいに変える方法

Pocket

やらなければならないことをやりたいに変える方法

やらなければいけない事に支配されていると
毎日がとても忙しく感じます。
そんな人の口癖は忙しいです。
忙しいとは「心を亡くす」と書きます。
私も会社員の頃は、毎日忙しい、忙しいと言っていた気がします。
その時に感じたことは、
「昨日の延長線上が今日」という想いです。
朝起きて、自宅を出て、会社に行き、得意先を訪問。
同じことを繰り返す毎日。
この時間が一体いつまで続くのだろうと感じていたことを思い出します。
そんなモノクロの生活から、カラーの生活に変わった
MUST(○○しなければならない)からWANT(○○したい)にする方法をお伝えします。

1、自分の1日を書き出す

一番初めに取り組んだ方法は、自分の1日を書き出してみました。
朝起きてから夜寝るまでやっている事をすべて書き出してみると、、、
朝から晩までほぼすべてMUST(やらなければならないこと)
で埋め尽くされていました。

これに気付いて愕然としたのを覚えています。

空いている時間も結構無駄な事をしているんですよね。
テレビを見たり、インターネットサーフィーンをしたり、SNSを見たり。
仕事の合間についついやらなくてもいいことをやっていました。

そこで当時初めにやった方法は、テレビを見るのを止めてみたり
SNSを見る時間を制限してみたりしました。
ある本の中で、
「自分の意志で、必要な時以外はスマホをさわらない人にならないと、
 人生をスマホにとられてしまう」
という一説がありました。
まさしく今の自分がそうだと気付いた瞬間でもあり、そこから時間の見直しを始めました。

2、自分の時間を見直す

一番初めに取り組んだ時間の見直しは、先ほども書いたように
テレビやSNSに割く時間を減らすことでした。
具体的には、
・テレビの電源を抜く(当時は抜いてみました)
・21時以降は携帯、パソコンを触らない
・23時までには寝る
・朝は5時に起きて、家族が起きるまでの時間を仕事にあてる
などなど自分の時間を取り戻すための見直しを行いました。

本当にこの見直しがとても良くて、仕事の効率も格段に上がりました。
(仕事を効率的にすすめる方法は別のブログで上げます。)
でもこの見直しにも落とし穴が存在します。
私は初め見直しを行っても、いっこうに「忙しさ」からは解放されませんでした。
見直しても、見直しても、全然楽しくならない。
むしろやらなければならない事がドンドン増えてきて、以前より「忙しく」なりました。

3、空いた時間にやりたい事(WANT)を入れる

時間の見直しを初めて、やってしまうことがあります。
それは空いた時間にまたMUSTの仕事を入れてしまう事です(笑)
これ本当に笑っちゃいますけど、結構あるあるだと思います。

私の場合は、時間の見直しをした時に、決めたことが
テレビやSNSに割く時間を減らして、夜寝る時間を11時にすること。
朝は5時に起きて、家族が起きてくる2時間余りを自分の時間にすることでした。

せっかく2時間の自分時間が出来たのに、その中にMUSTである
・経費の精算
・会議の議事録の作成
・メールの返信作業
などをこなしていました。

仕事の効率はよくなりましたが、
いっこうに「忙しさ」からは解放されませんでした。

むしろ仕事が早くなったおかげで、無駄な事務作業が増えました(笑)

ここでお伝えしたいのが、空いた時間に何をするのかがとても大切だという事です。
私が初めにやった失敗は、空いた時間にMUSTの作業を入れてしまったことです。
本来はやることは、WANT・自分のやりたい事、やりたかった事を入れていくことです。

ということは普段から隙間時間が出来たときに、
自分のやりたい事(WANT)を明確におく必要があります。
そこでオススメなのが、
15分空いたらやってみたい事リストを作成しておくことです。

私は営業の仕事をしていたので、
15分ぐらい空くような細切れの時間がとても多かったです。

この短い時間にSNSを見たり、ネットサーフィンをしたり、
必要のない事を繰り替えしていました。

さらには私の場合は車での移動も多かったので、
この車中の時間をいかに快適なものにするかも重要なポイントでした。
自分をご機嫌にするために、どんなことが出来るのかを考えると楽しくなってきます。

ちなみに私の場合、15分で出来るリストを考えて時には
・今日の計画の見直し
・次、会う人との面会のシミュレーション(妄想)
・読書や新聞を読む
・ボッドキャストなどを活用し、情報収集
・大好きな音楽を聴いて、気持ちを高める
・15分間睡眠
などなど状況と場所に応じで使い分けていました。
いつでもリストが見れるように、手帳に挟んでいました。
自分はどんなことがやりたいんだっけと見直しては、
自分の時間に組み込むようにして行きました。

4、まとめ

そんなこと言ってもそれが出来たら、苦労しないよという方がいると思います。
そんな人のために、とっても重要な事は、
「あなたがやりたい事をやってもいい」と自分自身に許可を出す事です。
ずっと自分のやりたい事を我慢して、
やらなければならない事で埋め尽くされた人生でいいのでしょうか?
1度きりの人生、楽しむこと、自分の心が喜ぶことを選択してあげて下さい。

一番初めは難しいと感じる方も、少しの時間で構いません。
1時間取るのが難しいなら、15分隙間時間があったら、自分はどんなことがやりたいだろうか?
ということを真剣に考えて見て下さい。
疲れた時は休息していいし、運動した時は走っていいし、食べたいときは食べてもいい
まず初めの一歩は小さいな勇気を踏み出して、自分自身に許可を与える事です。
私も少しずつ自分に許可を与えて行って、自由になっていきました。

やらなければならない事ではなく、やりたい事を日常の中に少しずつ取り入れていく。
そうすれば、自然と心が喜ぶ時間が増えてきます。
この時間を少しずつ増やしていくうちに、「忙しい」という気持ちから解放されてきました。

あなたの人生の主役は「あなた自身」です。
ぜひ自分自身にやりたい事をしてもいいという許可を出して
心が喜ぶ時間を創って行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください