ブログを再開します☆

おはようございます。
やまゆうです。
だいぶ長い間休憩していましたが、今日からブログを開始します。

今日は久々に朝、ランニングをしましたが、目に飛び込んできたのは
めちゃくちゃ綺麗に咲いた桜の花でした。

実は僕の真ん中の娘の名前が「さくら」というのですが、この名前の由来が
この満開の桜を見て、義理の母が「さくら」がいいんじゃないと言ってくれた一言でした。

そうなんです、娘が生まれた時に満開の桜が咲いていて、
まるで娘の誕生を桜の花が祝福してくれているかのような気持になったのを今でも覚えています☆

最近読んだ本、喜多川先生の「きみが来た場所」の中に
人間の与えられた使命の中に「すべての子供は『大人に自分の使命を気付かせる』という使命がある」
私たちは人の役に立つために生まれてきた。
人間は自分が誰かに必要とされていると感じて初めて幸せを感じる。
というフレーズが心に刺さりました。

確かに、子供が生まれたことによって大きく人生を変える転機がありました。
真ん中の娘が生まれた年は、自分が初めての昇進試験に落ちた年でした。
今まで優等生で来た自分が、初めて試験に落とされた年。
生き方を大きく変える事になった年でした。

自分だけが成長すればいい。
自分だけがうまく行けば、他の人は関係ないという生き方から

自分の成長以上に人の成長を応援したり、信じよう!
と決めた年でした。

その決意をしたのは、満開の桜の花を見ながらでした。
僕も桜の花のようになりたい。
みんなが自然と集まってくる。
そんな人にこれからはなっていこうと感じたことを思い出しました☆

この前伊丹で開催した読書会に来てくれていた方が仰っていたことが
桜の花はとても美しい。
もちろんこの時期は特に。みんなが一瞬の輝きを観るために集まってくる。
でも花が咲く前実は1年中綺麗なんだと教えてくれました。
新芽の段階か花になり、葉っぱになっても、見ごたえがあると言っていました。

そんな人に自分はなりたいし、娘にその子に育ってほしいと感じたことを
今日走りながら思い出しました☆
ぜひ今日は皆さんも美しい桜の花を意識して観てはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です