僕の「お金」と「感情」についてのリンクに気付かさせてくれた一言!!

皆さん、おはようございます。
ニートのやまちゃんです。

昨日書いた記事にもたくさんのコメントを頂きありがとうございます。
やっぱり「お金」と「感情」はリンクしていると感じている人が多いんですね。
本当に僕の経験が皆さんのお役に立てば、こんなに嬉しい事はありません。

さてさて、昨日の続きですが、「お金」と「感情」にどっぷりと漬かっていた
僕を救ってくれた方のお話です。
ほんまにこの話はビックリするぐらいの偶然(シンクロニシティ)が引き寄せてくれました。

けんたさんから、言われた一言(しつもん)が大きな気付きをくれました。
(けんたさんや出会いについては後ほど書きます)

「ユウスケさんの思っていることや想像してることって、本当に起こりますかね?
 もし独立して、失敗しても、元の職場に戻るとかいう選択肢はないんですか?
 お金が無くなったとして、家族がバラバラになったり、離婚を突き付けられたりすることってありますかね?」
今まで自分の側からしか物事を見ていなかったけど、初めて客観的に自分を見る
物凄く考えさせられるしつもんでした☆
(やっぱりしつもんの力は偉大だ!!と改めて実感)

人はついつい感情的に余裕がなくなると、自分の事が客観的に見えなくなるようです。
しかも僕の頭の中でグルグル回っていたのが、「お金」がなくなる、ヤバいヤバい!!
これは何とかしないと、、、でも何したらいいだろう?って考えて、ずっと止まっていました。

でも他人から指摘された、
「今、あなたが想像している未来の事は、本当に起こるんですか?」というしつもんにハッとさせられました。

自分はまだ何も起こっていない未来を心配して動けなくなっている。
その理由が「お金」ということで簡単に片づけていた。

でもけんたさんと話しているうちに気付いたことが、
「不安」「恐怖」の正体はやっぱり、このまま「お金」がなくなると
・家庭が崩壊・離婚を突き付けられたりするんじゃないか?
・家族が路頭に迷うかもしれない?
・独立しても自分は食っていけないじゃないか?
・独立したら、忙しくなりすぎて、子どもたちと過ごす時間がなくなるんじゃないか?
話しながら実は、こんなことを想像して、足がすくんで動けなくなっていたんだとわかりました。

そして、もう一度さっきのキラーしつもんをされました!
「ユウスケさんの思っていることや想像してることって、本当に起こりますかね?」

たしかに、けんたさんの言う通り、
「お金」が無くなったからといって、いきなり妻や家族に捨てられてしまうかといえば、
おそらくはそんなことはないし、そんなことはないと信じたい(笑)

それに本当に「お金」が無くなったら、自分はどうするかと考えたら
・日雇いの仕事をする
・知り合いに仕事を紹介して貰う
・前の会社の上司に頭を下げて入れてもらう
色んな手を使って、収入を確保するために動くだろうという話をしました!

だったら、
「お金」がなくなる心配はないし、たぶんさっき話していたシナリオは
起こらないですよね。
今、心配してることって無駄ですよね、って笑い飛ばされました☆

自分で話していて驚いたのですが、
今まで漠然と「不安」や「恐怖」と感じていたことを、言葉にするだけで
大きな変化と気付きがありました。(僕はたまたま話しましたが、書くだけでもOKだと思います)

今まで「お金」と「感情」をリンクさせていたけど、実は全く別物なのかもしれない。
自分の中で感じているのは、実はお金がなくなることが「恐怖」ではなく

「妻から捨てられたり」「家族を路頭に迷わせたり」するイメージが増幅していただけなのかもしれない。
もっと言うと、「独立して食っていけるのか?」この「不安」が一番大きくのしかかっている事に気付きました。

でもよくよく考えてたら、食っていけるのか?なんて考えてもわからないし答えもない。
だってやった事なし、経験がないから。
そりゃ「不安」になるし「恐怖」も襲ってくるよねって初めて客観的なれた気がします☆

この少し自分を客観的にみる、違う角度から見てみるという事が出来たことで
すごく気持ちが軽くなりました☆

やっぱり重要な事は、悩んでいる事や辛い気持ちを話せる
友人や仲間がいるって事が大切なんやなって改めて感じました。

けんたくんとゆっくり話したのは、実は2回目で、彼はもともとセブ島に住んでました。
4カ月前に語学留学にセブに行った時に、初めにオリエンテーションをしてくれたのが彼でした。

そのオリエンテーションが面白くて、強引に逆ナンをしてお茶に誘ったのがそもそものきっかけで
出会いはほんとの偶然。

今回会う事になったのも、たまたま東京に行く前日に、けんたくんから
「今、成田空港にいたりしないですか?(笑)」ってメールが届き

メールの返信で
「次の日なら東京いるよ、しかもお昼なら空いてる」
っていう奇跡的なタイミングで会う事が出来ました。

本当に人生には出会うべくして、会う人がいるんだな~と感じるし
この人が自分のピンチを救ってくれる救世主なんだなって思った次第です。

ちゃっと話したい事が多すぎて、無茶苦茶な文章になってしまいましたが、結論は
「お金」と「感情」はリンクすることが多いけど
少し深く見てみると、本当は「お金」のことを心配しているのではなく
何か別の事が原因になっている。

「お金」がなくなるから漠然と「不安」や「恐怖」を感じるのであれば
・その「感情」はどこから来ているのか?
・どうして自分はそんなに「不安」に感じているんだろう?
と掘り下げてみるのがいいんじゃないでしょうか。

自分と向き合うのは、本当に難しいというか「怖い」と思います。
さらには自分の弱い部分を見せるというのは、結構が勇気が要る作業。

仲良しの友人や心を許せる仲間にシェア出来たらいいですよね。
もし僕で良ければ、話も聴きますので、遠慮なくご連絡下さい。
そっと背中を押すことは出来ます☆

今日も長文を最後まで読んで頂きありがとうございます。
明日は最近やっちまった話を書きたいと思います☆
ぜひチャックしてみて下さい☆

やまちゃん主催!!
9月1日(日)藤代圭一さん講演:
「○○が大好きな子どもが勉強も好きになる」しつもんメンタルトレーニング in大阪
→みんな来てね☆
https://peraichi.com/landing_pages/view/qanda0901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です