子供に教えられた「人の責任にして自分は悪くないと正当化していることがある」ということ。

こんばんわ、やまゆうです。
今日は僕と子供3人、そして1匹で近くの川沿いに散歩に行きました。
散歩に行くときは、犬用に散歩袋を持っていきます。
その散歩袋を子供たちが公園に忘れてしまいました。

あれだけ忘れるなと言ったのに、なぜ忘れてしまうのか?
イライラして、チビ達に
「連帯責任だから全員で公園まで行って、取ってこい!!」
と子供たちに伝えたときに、

息子が冷静に、
「連帯責任ならパパも行くんやろ?」って言ってきました(笑)

その瞬間は、かなりむかついたんですが、よくよく考えると
何と的を得た発言何だと感心しました。

確かに、みんなで公園に行き、忘れたのは自分にも責任がある。
確認しなかった自分にイライラしていたのを、子供たちに当たってしまいました。
それを冷静に分析して、息子に言われた時に、
「こうやって人の責任にして自分は悪くないと正当化していることがあるな」
と反省しました。

子供は純粋でどうして父親が怒っているのかわからない。
こんな自分勝手ことを押し付けてしまっている可能性がありますよね。

自分に対する怒りやイライラがいつの間にか転換して、相手に怒りの矛先を向けてしまう事
今日改めて、すべての責任は自分にあるということを気付かされました。

やはり子供から教えてもらうことは沢山ありますね。
自分も子供と一緒に成長して行かないといけないと感じた年末の1日でした。
もう今年も残すところ30日、31日を残すのみですね。
皆さんも、楽しい年末をお過ごしくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です