常に「初心者」であることの重要性☆

おはようございます、やまゆうです。
夢を叶えるために重要な準備ってどんなことがあるでしょうか?
僕が考える重要な事は、常に「初心者」であるということだと感じています。

転職を4度してきて感じる、成功する人と失敗する人のポイントはまさに
初心者であることができるかどうかです。

多くの転職者が口にするのが、前の会社では1番だったとか
前の会社ではこんな成功を収めてきた
というようなことを話します。

もちろん、これが悪いわけではないのですが、ずっとこの前の会社の成功を引きずる人が多いのです。
今は、新しい会社に来て文化も違えば、環境も違うにも関わらず
前の会社で成功したことと同じことをしたがる傾向があります。
しかし前の会社で成功したことをそのままやってもうまく行かない事が多いです。

でもそのことに気が付かず、いつまで経ってもやり方を変える事が出来ない人が本当に多いです。
そんな人の決まり文句が、前の会社では通用したのに、この会社はダメだと会社を批判します。
この言葉を聴いて、いつももう新しい会社に来たのだから、前の会社の名前を出すのを辞めたらいいのに
って思っていました(笑)

1年に1回目標を立てるのも同じことだと思うんです。
去年上手くいったからといって今年うまく行くとは限らない。
うまく行ったことと、うまく行かなったことを見直して、改善する。
新しい真っ新な気持ちで1年を開始することが大切なんだと感じています。

この初心者であることの大事さを感じる機会があるのが、
新人さんが入社してきたときです。

新人さんは社会人の経験がなく、がむしゃらにがんばります。
今までの固定概念がなく、とてもフレッシュな気持ちで入ってきます。

だから時に代々難攻不落として知られる得意先を、いとも簡単に攻略してしまう事があります。
これをビギナーズラックと呼ぶのかもしれませんが、あくまで重要な事は
固定概念にとらわれず行動した結果が生み出すものだと思っています☆

あなたが成功へと到達するために必要な事のすべては
「初心者」ならば当たり前に行えること。
取り組んでいる事を、まるで今日からスタートする初心者のように考える。
この精神が重要なんだと池田貴将さんも仰っていました☆

でも常に初心者であるということは難しいですね。
特に年齢が上がってくると、自分なかでの常識が出来てきてしまいます。
頭が固くなると常識にとらわれてしまって身動きが取れなくなる。
身動きが取れなくなると変化がなくなる。
こうやって多くの人は、行動が出来なくなるんだと感じています。

常に常識を疑い、覆して前に進んで行くことが大事なんですね。
ぜひ皆さんも、今日からスタートする「初心者」として行動を変えて行きましょう☆
昨日より0.1%成長すればOKです。
少しの変化を大切に行動してきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です