本田健さん・バシャールの著書「未来は、えらべる!」をご紹介します。

おはようございます、やまゆうです。
今日は遅ればせながら、最近読んだ本田健さんの著書「未来は、えらべる!」ご紹介します。
本当に今の自分にピッタリの内容の本でビックリしました。

この本は本田健さんとバシャールの対談形式になっている本です。
第一のテーマは「大好きなことをの見つけ方、ワクワクの方法」なのですが、
特に僕が憧れている事、豊かさとは
「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があること」です。
これってとても難しいような気がしているし、どこかでそれは無理って感じている自分もいました。

でもこの本の中で紹介されている方法として
「瞬間瞬間において、自分の選べる選択肢の中で、一番ワクワクするものを選ぶこと。
そしてどんな小さいな1歩であれ、自分の情熱、ワクワクから行動を起こすと、それがより多くのワクワクや情熱に繋がる糸となり、さらに、その糸がどんどん太くなって、情熱が成長し拡大する」
とありました。

多くの人は、「情熱にしたがって生きる」「ワクワクにしたがって生きる」と聴くと
何か大きな事をやらなければいけないと感じてしますし、実際に僕も同じことを感じていました。
でもそうではなく、その瞬間に出てきた選択肢の中で、自分がもっとも情熱の持てるものをやればいいんですね。

これは仕事でも当てはめることが出来ると思います。
仕事全体を見てみると、嫌な事でも、作業を1つずつ分解してみると
自分がワクワクすることがあるはずです。

その1つの作業に情熱を傾けてみる。
そしてこの1つの作業が糸となり、次の糸をつなげてくれるものに発展する。
こういう仕組みなんだと感じています☆

確かに、僕も情熱を傾けることが出来る仕事と、出来ない仕事があると感じています。
特に人の役に立てたり、自分以外の人がHappyになれることには、情熱を傾けて取り組めている気がしています。
でもみんなんがあまりHappyにならない、会議や事務作業には興味が湧かないです。

この自分が情熱を傾けることができることをいかにやり続けることが出来るか。
時間を増やすことが出来るかがポイントですね。
どんな小さい事でも意味を持ってやることが大事だという事を理解しました。

本当にワクワクすること、情熱を持って取り組むことに時間を使えればどんなに楽か!
どれだけ人生が豊かになるか!
考えただけでワクワクして来ました。

最後に本の中で、ワクワクの割合が、どの列車に乗るかを決めている。
「自分の情熱を50%しか生きていない人は、50%の列車に乗り、自分の情熱が50%しか実現されてない現実で生きる。そして最終的にはポジティブ列車とネガティブ列車は接続するポイントを完全に失ってしまう」
とありました。
本当にその通りだと思います。

ポジティブな人の周りには、ポジティブな人が集まり、
ネガティブな人の周りには、ネガティブな人が集まる。
どちらの環境にいても、その環境から抜けることが出来なくなるということですね。
とても考えさせられる内容でした。

ぜひワクワクや情熱というキーワードに反応した方は読んでみてはいかがでしょうか。
自分が選択するべき道が見えるきっかけになると思いますよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です