次元上昇の2つ目の鍵は「目線をキープ」すること☆

おはようございます、やまゆうです。
昨日は次元上昇の鍵の1つ目、「理想の人生を鮮明にイメージする力」をご紹介しました。
今日は2つ目の鍵となる「目線のキープ」という事について書きたいと思います。

僕は意外とこの2つ目の「目線のキープ」がポイントだな~と感じています。
これって意外と難しい事だと思いませんか?

人はポジティブな感情とネガティブな感情、両方を持ち合わせています。
今、イメージしている理想の自分になれると信じて背中を押している自分と
どうせ無理に決まっていると自分の足を引っ張る自分
この両方が存在しています。
人の多くは理想をイメージしてもすぐに自分の足を引っ張る声に負けてしまいます。

それはどうしてでしょうか。
僕の場合もそうでしたが、判断の基準を
「出来るか」「出来ないか」で判断をすると「出来ない」が勝ちます。
理由は簡単でほとんどの場合、やったことがないことは不安に決まっています。
そのため「出来ないと」と脳が判断してしまうケースがほとんどですよね。

目線をキープするポイントの一つは
「出来る」か「出来ないか」で判断するのではなく、自分が本気で
「やりたい」か「やりたくない」のかで判断するということです。

そして目線をキープするポイントの2つ目は
「素敵な仲間(誰と一緒にいるか)」一緒にいるかということです

僕は「仲間」に出会うまでこの「目線のキープ」が本当に大変でした。
なぜかというと、一緒にいる会社の同僚はもちろん、友人もみんな会社員で
・なぜ危険を冒してまで起業を目指すのか?
・そもそも起業することに意味があるのか?

・無理に決まっているだろ!?
という言葉ばかりを毎日浴びせられたからです。

でも出会う人が変わって、仲間が変わると掛けられる言葉が一変しました。
・「会社員から起業目指しているの?がんばってね、きっと出来るよ」
・「私も会社員から起業を目指していますとか起業しました、だから必ずできるよ」
・「応援しているよ」
という言葉を掛けてくれる仲間で今は溢れています。

皆さんの周りにはどんな仲間がいるでしょうか?
・あなたを応援してくれる人たちでしょうか?
・それとも出来ない、無理だよとブレーキを掛けてくる人でしょうか?
後者の仲間が多い人は、環境を変える必要がありますね。
なぜなら目線をキープすることが難しいからです!!

僕はこの事に気付いてから今の素敵仲間を探し始めました。
自分の夢を奪っていく人ではなく、応援してくれる仲間を探しました。
そうすると今は、応援してくれる仲間で溢れていますよ。
ぜひ皆さんも、「目線をどうやってキープすればいいのか」を考えて見て下さい。
きっと、皆さんの中にも一つの答えが見えてくるはずです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です