次元上昇5つ目の鍵は「リサーチ能力」です☆

おはようございます、やまゆうです。
次元上昇5つ目の鍵は「リサーチ能力」です。
僕の中で今、最も必要かつ難しい項目です。
健さんも講演の中で、この項目が非常に大事だと話をしていました。

リサーチする必要のある項目として
What-自分のどの技術/才能/特性を磨くのか?
Where-どこで学ぶ/磨くのか?
Whoー誰に学ぶか?誰と学ぶか/磨くか?
How-どのように/どんなシステムで学ぶか/磨くか?
Supporters-誰にどのようにサポートしてもらうか/もらえるか?
というものがあります。

本当に最近特に重要だと思うのが、「何のために学ぶのか?」というWhatの部分です。
僕はこの「何のために」という意識が今までとても薄かったと感じています。
何となくセミナーに参加して、勉強したつもりなったり、変わったつもりになる。

皆さんもご経験はありませんか?
セミナーに参加して高揚感たっぷりで帰ったものの、1日経ち、2日経ち、3日経つと
家と職場を往復するいつもの日常生活に戻っている。
そして1か月ぐらい経つと「やっぱり自分は変われないんだ」と凹んでしまう。

こんな人に必要な事は、一緒に学び続ける仲間ですね。
目線が下がりそうになった時、元の目線に戻してくれる。
凹んだ時に、すぐに電話できる仲間がいるといいですよね。

1人で学んでいると、よっぽど意志の強い人ではない限り、継続するのは難しいと感じています。
僕はようやく「誰と学ぶか?」という問いにも答えることが出来るようになりました。
今は学んだことをすぐにアウトプット出来る場所を創っています。
またこのブログもアウトプットという意味では、重要な場所になっています。

皆さんは学んだことをアウトプットする場所はありますか?
目線をキープする工夫をしているでしょうか?
一度考える機会にして頂けると嬉しいです。

昨日出会った言葉の中に
「思いが弱いと壁が見える、思いが強いと道が見える」
というものがありました。
同じ事柄が起きても、一人は壁だと感じ、もう一人は道だと感じる。

多くの人は、新しい事をする時に壁だと感じています。
でもやりたい、変わりたいという想いが強ければ、壁が道に変わるんですね。
この想いを忘れずに、今日も出会った人に感動を与えていきます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です