生産性を上げる方法!!それはさっさと家に帰ること(笑)

こんばんわ、やまゆうです。
昨日奇跡の出来事がありました。
今の車ってキーが車内にあると閉まらないようなシステムになっていると思うのですが、
何と昨日キー閉じ込みが起こりました。
困ったことに、パソコンも携帯も、財布も全部車内にある状態なりました。
しかもレンタカーを借りていたので、スペアキーもなく、途方に暮れることに!
昔は窓から器具を入れたら開けることが出来ましたが、今は防犯上あかないようになっていると聞いたことがあり、JAFに連絡しても・・・と

でも助けてくれる人がいるもんですね。
レンタカーの人に言ったら、わざわざスペアキーを持ってきてくれるとのこと。
しかもお店にスペアキーはなく、神戸のお店にある。
時間がかかるが取りに行くから待てますかと提案が・・・
本当に何ていい人なんだ!!と感じたわけです。
こんな人がお店にいたら、絶対に同じところから買いますよね。
僕は絶対に同じお店から今後もレンタカーは借ります(笑)

少し長くなってしまいましたが、今日の本題に入ります。
どうしたら生産性を上げれるかという事ですが!!それは・・・
「早く家に帰るです」


僕は猛烈営業マンをしていた時は、朝の6時には出社して夜は21時過ぎまで得意先にいました。
そこから家に帰って22時!!
合計勤務時間は15時間~16時間、これを5日間続けていました。
(土日もなんだかんだと仕事をしている毎日でしたね)
こんな生活をしていると子供の顔を見る暇なんてありませんでした。
でもそれでもいいと思っていました。
どちらかというと、長時間仕事をして俺ってカッコいいって思ってました(笑)
売り上げは上がるし、ボーナスは貰えるし、家族のために頑張っているパパだと思っていました。

しかし悲しいかな、現実は全く違いました。
家事・育児はすべて妻に任せっぱなし。
オムツも替えず、夜泣きには対しては「明日朝から仕事があるから早く泣き止ませろ」
ぐらいな勢いでした。
本当に最低な旦那でしたね。

でもみんなが幸せではないと気付いた時に、初めて仕事の仕方を見直したんです。
・本当にこんなに遅くまで仕事をする必要があるのか?
・今している仕事は自分のためであって、家族のためではないんじゃないか?

これを考えたときに、長時間労働が単なるルーチンワークだと気付いたんです。
・1日10人に会わなければならない。
・夜は20時までは得意先にいなければならない。
・競合より遅くまで仕事をしなかればならない。

この常識を疑い、発想を変えて
・どうしたら短時間で10人に会えるのか?
・会えないときは、ずっと待つのではなく、次の日にしようと決めて帰る。
・他の人が会っていない時間に会う方法はないのか?
などなど色んなアイデアを考えました。
初めは不安だし、結果が付いて来ない事もありましたが、
結果として前以上に仕事の効率は良くなり、家族との時間も増えて、生産性は劇的に向上しましたよ。

今までは
朝6時から夜21時までの15時間労働でやっていた仕事が

今では
朝5時に起きて、1時間~1時間半はブログを書いて、
6時半から子供とサッカーの練習
8時半から11時前後まで自己学習時間
12時から夜19時までの7時間ぐらいが仕事の時間。
待っている間はPodcastを聴いたり、本を読んだりしています。
夜は家族とご飯を食べたり、人に会ったり、セミナーに行ったり、楽しい時間を過ごしています☆
でも給料は当時の2倍前後になっている事を考えると、時給もかなり上がっている事になりますよね。

長時間労働のスパイラルにハマっている人は、今の仕事の時間を一度見直してみてはいかがでしょうか?
・自分の中の常識だと思っている事を疑ってみる!
とても大事な事だと感じています。
・本当にその仕事は自分がやらないといけないのでしょうか?
・人の目を気にして、残業している事はありませんか?
ぜひ一度自分の時間の使い方を見直してみましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です