なぜ人は「大好き」で始めたことが「嫌い」になるのか?を考えてみた

Pocket

どうして大好きで始めた事が、嫌いになってしまうのか?

こんな疑問を持った事がある人は、一人ではないはずだと思います。
私も大好きで始めた事が、いつの間にか嫌いになってしまうと言う事を経験しました。
そんな経験を通して人が「好き」が「嫌い」になる理由とその対処方法についてまとめました。

理由①期待に応えられない自分に対して自信をなくす
大好きで始めた習い事も、毎日毎日行くたびに、怒られたらどうでしょうか。
あれが出来ていない、これが出来ていない。
ずっと出来ない事ばかりを指摘され続けたらどうでしょうか。
きっとどれだけやる気がある人でも、この状況が続けばやる気がなくなるはずです。

 

私は小さい頃から塾に通っていました。
その塾がある時から、成績順に席を座る方式に変わりました。

どんなに努力をしても、なかなか上位に行くことはできません。
家では宿題をするのですが、母に毎日怒られてました。
母の期待に応えたいのに、応えられない自分。
似たような問題を何度解いても出来ない自分。
勉強が好きで始めた塾通いも、いつしか行くのが苦痛でしかなくなりました。
最終的にはカンニングまでして順位を上げましたが、結局1ヶ月で元の場所に(笑)

 

期待に応えたい自分と期待に応えられない自分に対して
苛立ち、自信が無くなりました。
自信がなくなると、途端に大好きな事が楽しくなくなり、嫌いになったりするものです。

理由②他人との比較が始まる
大好きで始めた習い事。
時間を忘れて練習しているとドンドン上達していきます。
上手くなるのが嬉しい、楽しいと感じているところに
自分より出来る存在が立ちはだかります。

 

本来はここで自分の現在地はどこなのかを知る大きなチャンスのはずが
・相手の実力に嫉妬してしまったり
・相手の出来る所と、自分の出来ない所を比較してしまったり
・自分の実力に絶望を感じしまったり
をやってしまいます。

 

他人との比較が始まると、途端に自分への自信が無くなってしまう。
それによって大好きだった事が嫌いになってしまいます。

理由③〇〇したい(WANT )が〇〇しなければ(MUST)に変わる
大好きな事をやっている時は、○○したいばかりで覆いつくされているのではないでしょうか?
私も夢中で陸上競技に打ち込んでいた時は、どんな練習でも楽しくて仕方がなかったです。
ちょっとの変化が嬉しくて、毎日毎日練習に打ち込んだものです。(WANT)

 

ただある時、急に、練習が楽しくなくなりました。
焦りや不安で心が一杯になり
・何とか結果を出さねば
・上手く走れないから練習しなければ
・タイムが遅くなっているから、もっと練習しなければ
というように、○○しなければならない(MUST)に支配されるようになりました。
このように〇〇しなければと感じてしまうと、大好きで始めた事が嫌いになってしまいます。

まとめ
大好きで始めた事が、嫌いに変わってしまうのはどうしてなのか?
少しだけ感じて頂けたでしょうか?

 

まずはこのメールを読んで頂いている皆さんに
①人の期待に応えようとすることを止める
②他人と比較するのではなく、昨日の自分と比較する
③1日の中で1つでも良いので、〇〇したい(WANT)を考えて、やってみる。
と言う事を実践して欲しいです。
この中の1つだけでも良いんです。
出来なくても、挑戦してみる事が大切なので、一度意識して見てください。

そんな事を言われても、どうすれば良いかわからないと言う方のために
オススメのやり方を、次回のブログで詳しくご紹介をしていきます。
ぜひ楽しみにしていてください。