自分にとってどんな生活が豊かなのか?セブに行って考えさせられた。

Pocket

皆さん、こんばんは。
キッカリストのやまちゃんです。

きっかけをつくりす人を短縮して
キッカリストとなずけました。

というのは冗談で、以前教えて頂いてた
師匠が付けてくれたのでした。

当時はしっくり来ておらず
暫く、使っていなかったのですが
今頃になってしっくりくるという。

今日は
「フィリピンと日本の文化の違い」

について書きたいと思います。

これも他国に行かなかったら、全く気付かなった事です。

セブ島での英語のレッスンは、マンツーマンが基本です。
マンツーマンレッスンの先生との雑談で、
「フィリピンでは離婚が出来ないとこと。
何でも離婚するためには高額な支払いを
しなければならないらしい。」

しかも男性はあまり熱心に働かず、
女性がかなり頑張って仕事をしています。

笑ってしまうのが、一家に一匹ニワトリを飼っています。
これは食用でもなく、卵を産むためのメスではないのです。

闘鶏のためのものらしくて
男たちが自慢のニワトリを闘わせています。

もちろん、お金をかけたりしているらしく
負けるとお金もニワトリも持って行かれるらしいです。

そして負けたら、また新しいニワトリを
妻の稼ぎから買う!!
何とも凄い国だねー!!

女性は真面目で働き者です。
先生の中には、学校で授業を朝と昼、
そして朝と夜の空き時間にオンラインレッスン⭐️
ずっーと働いてました😄

で、仕事が終わったら、子どもの世話+旦那の世話をする。
かなりのタフな感じです。
男性の地位がとても高いのかもしれません。

たぶん男性がマジメに働いたら、
貧困から抜け出せるはずなのに、、、

もちろん男性でもマジメに働いてる人はおり
その人は富裕層でした。
(補足しておくと)

だから雰囲気としてあまりせかせかしておらず
時間がゆっくり流れている感じでした。

何でそんなに一生懸命働くの?
日本人は忙し過ぎる。
もっと人生を楽しもうよ⁉️って
散々言われた。

普段忙しくて、余裕のない生活をしてる
自分としては心地良い反面落ち着かない(笑)

でもセブにいて、時間がゆっくり流れている
ということもめちゃくちゃ大切なんだと感じました。
みんな、下を向いて歩いてるわけじゃなく
上を見て、笑顔で歩いていたから。

時間がゆっくりの生活の中で
心にゆとりを持つこと、ゆっくり時間を感じることの大切さを知りました⭐️

何が本当の豊かさなのかを考えさせられました。
日本にいたら、こんな感情を感じなかったです。

僕の常識は、一生懸命働くべし。
豊かな生活を送るためには、一生懸命働くことは
どんなことよりも大切だと思っていました。

でもセブ島に行ってみて、ゆっくり時間を過ごしてみて
自分にとってどんな生活が豊かなのか?
こんなことを考えることが出来た、2週間でした😅

幸せって、きっと色んな形があるんやろうな~!!

チャンネル登録頂けると嬉しいです☆

「きっかりすと・やまチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCNuTDBYs-dqHc9G0Al2_Vpw/featured?view_as=subscriber

やまちゃん・主催の講演会情報
9月29日日曜日
喜多川泰さんご講演:「スタートライン」
https://www.kokuchpro.com/…/f1856b5807a96df86f381c95f8cd48…/