「このままでいいのか?」と迷うあなたへ送る、明日への働き方改革

Pocket

「このままでいいのか?」と迷うあなたへ送る、明日への働き方

「あなたが受けた、人生を変えてくれたと
感じる質問はなんですか?」

僕自身が大きく働き方を変えるきっかけになった出来事は
ある1人の主婦の方の何気ない
「なぜ、病院で長時間待っているんですか?
 待つのってしんどく無いんですか?
 病院の前から先生に電話したらダメなんですか?」
という質問からでした。

当時たまたま知り合いの保険会社の方が
主催している朝活に参加している時のことでした。
仕事の話をしてほしいと頼まれて、MR(製薬会社での営業)の
1日についてお話をさせて頂きました。

自分の中の常識を疑う
常識の枠から抜け出しすきっかけをくれた質問とは!

その時に頂いた質問が人生を大きく変えるきっかけとなりました。
どうして長時間待たなければならないのか?
会えるか会えないかわからないのに、待っているのは
とても非効率的で、意味があるんですか?
そんな時間があるなら、早く帰って家族とご飯食べたらいいのでは?
とご指摘頂きました。

その時は、しどろもどろになりながら、
長時間待たなければいけない、理由を並べたような気がします。
でも実はこの質問は頭に浮かんだことがなかったもので
ハンマーで頭を殴られたような衝撃がありました。

僕たち製薬業界の中では、
・先生は病院で待つもの。
・忙しいのに電話をするのは失礼。
こんな常識がありました。

僕をこの常識の枠の外に出してくれたのは
1人の主婦の方の質問でした。

同じ業界の方と一緒にいると、どうしても話が偏ります。
話す内容も業界では当たり前とされることは疑うことがなかった。
でも違う業界の方と話をすると、全く違った感覚が得られます。
主婦の方は単純に疑問を持ったのだと思います。
ただ僕は疑問に思ったこともなかったことでした。

この経験から、常識を疑うことの重要性を知ると同時に
同じ業界の中にいると当たり前のことでも、
一歩外に出てみると当たり前ではないことが
たくさんあるということを知りました。

自分の中の常識を疑う。
そのためには業界外の人の意見がとても参考になるといくことです。
だから本を読んだり、仲間と交流することが大切なんですよね。

新しいことに気付いたら、まずはやってみる

その質問がきっかけとなり、行動を変えてみようと思った僕は
恐る恐る病院の下から先生に電話をしてみることにしました。
・本当に会うことは出来るのか?
・怒られたりはしないか?
・そもそも電話をつないでくれるのか?
などなど、不安と恐怖でいっぱいになりながら
電話をしたことを覚えています。

その結果はあっさりYesの返事が、、、
電話する前、手に汗握るほど緊張していた自分は何だったんだと
思うぐらいあっさりOKをくれました。

初めての成功体験に小躍りしたくなりました。
僕の中で常識が崩れた瞬間でした。
先生に電話をしてはいけないは単なる思い込みだったのか!

会う前に準備する

それからは病院の前で電話をし、面会の依頼をするようになりました。
やってみて気がついたことが
「会う前に準備をしないといけない」
ということです。

相手が電話に出てくれるだけで、初めは舞い上がっていましたが
やり始めると、見えてくるものがあります。
それは「いかに会うまでの準備」
が大切かということです。

よく考えればわかることですが、
電話をしてくるからには用事あると思って出てくれます。
その時に、今日先生に会いたいから会ってください。
では話になりません。

「どうして今日は先生に会いたいのか?」
を明確にしてから電話をすることで、
会える確率が格段と上がりました。

準備することのメリットとして
自信を持って電話が出来るということもあります。
目的を決めっているので、先生が電話に出てくれても
動じることはありません。
準備したことをそのまま伝えたらいいんですから。

僕は緊張しいなので、初めの方は
ノートに目的などを書いて、電話していました。
毎回、毎回脇汗をかきながら電話をしていたのを覚えています。
流暢に話せるようになるまでは、ノートなどに話すことを書いて
伝えるような工夫をすることをオススメします。

相手のメリットを考え、
相手にメリットを口にしてもらう。

次に大切なのは、相手のメリットを考え
相手にメリットを話してもらうことです。
僕が電話で連絡を取るようになってから、よく聞かれたことが
「どうしてアポイントじゃないといけないの?
 待っててくれたらじきに上がるけど、、、
 他のメーカーさんはみんな待ってくれるよ、、、」
ってことを聞かれました。
きっとこの質問は僕のことを先生方が試していたんだと思います。

こいつと本当に会う価値があるのか?
ちゃんとこちらのことを考えているのか?
目的があってやっているのか?
こんなことを見られていたと感じています。

そんな時に、スッと出てこないといけないのが
相手にとってのメリットをどれだけ伝えられるかです。
そのためには、メリットを相手に気付いてもらうことが重要です。
大切なことは自分にとってのメリットではなく、
相手にとってのメリットです(笑)

僕が先生たちにまずは聴いてました。
・仕事が疲れた中で、突然営業に来られたら嫌じゃないですか?
・1人の人の話を聴いたら、全員の話を聴かないといけないことはないですか?
・話しかけられたら、断るのってしんどくないですか?
・早く帰りたいのに、帰らないとイライラしないですか?
などなど、先生方が突撃訪問されて嫌だと感じていることを聴いていました。

するとほとんどの先生が、
・待たれると困る。
・業務の妨げになる。
・雰囲気を読んでほしい
・会社の製品紹介だけするのをやめてほしいです
・雑談はいらない
などなどたくさんのことを教えてくれました。

この話を元に面談の計画を立てていくと、
本当にスムーズで次回からの面談で煙たがられることはなくなりました。
おかげさまで、メールや電話でアポイントを取ると
ほど100%の確率で返信があります。
これは営業をしていて、あり得ない数字です。
(このアポイントの取り方については、次回のブログで書いていきます。)

大切なのことは、
相手のメリットになることを考えて
それを聴き出すということです。
聞き出した内容は今後の面談にもいかせる、一挙両得ですね。

今日のあなたへのしつもんは

あなたが受けた、人生を変えてくれたと感じる質問はなんですか?
というものです。

僕自身、今のままの働き方でいいのか?
と本当に悩んでいました。
この悩みに光をもたらしてくれたのが
主婦の方の何気ない質問でした。

そこから
1、自分の常識を疑い、枠の外に出る
2、新しいことに気付いたら、まずはやってみる。
3、会う前に準備する
4、相手のメリットを考えて、相手にメリットを口にしてもらう。
こちらのステップを踏むことで、かなり大きく変化を起こすことができました。
ぜひあなたも自分の働き方を変えていきたいと感じているのであれば
1つでもいいので、実施してほしいです。
きっと結果は出ます。あなたのことを応援しています。

1度しかない人生、悔いなく生きるために
“自分が本当にやりたい”
と思う事を選択して行きましょう。
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現在、絶賛「仲間」募集中(安心・安全なコミュニティー)

「素敵な本」との出会いから
・「素敵な仲間」
・「非日常」に出会うをコンセプトに
オンラインサロンを運営しています。
これからの世の中、誰と一緒にいるのか?
とても大切になってくる時代です。

「本」「仲間」「非日常」という言葉にピンっときた人がいたら
サロンの案内ページを覗いてみてくださいね。
あなたのご参加をお待ちしております。
こちらをクリック

サードプレイス バーチャル書店 レディーバード

現在、個人コーチング募集中

・モヤモヤしていて頭の中を、整理してスッキリしたい人
・漠然と将来の不安を抱えている人
・自分が変わるきっかけが欲しいと感じている人
・自分の想いを話す場所がないと感じている人
・一生懸命頑張っているけど、自信が持ってない人
・どうしても他人の目が気になってしまい、行動できない人
こんな感情が湧いてきたら、一度コーチングを受けてみませんか?
「あなたの内側にある答えを一緒に導き出しましょう!」
自分の想いに気付けただけで、スッキリします。
ぜひ、興味ある方はこちらをクリック