変わりたいのに、変われない!あなたの人生に劇的な変化が訪れない3つの理由

Pocket

変わりたいのに、変われない!あなたの人生に劇的な変化が訪れない3つの理由

多くの人が「変わりたい」と思っているのに、
「劇的に変わっていく人」と「全く変われない人」
に別れていくのはどうしてだろう?
と感じたい事はありませんか?
私は転職を5回してみてわかった事があります。
それは「全く変われない人」には共通点があるという事です。
初めはみんな「変わろう」「やってやろう」と思って入社するのに
なぜか途中で「変わりたい」という気持ちを忘れてしまい、
元の生活に戻る人が大半でした。
本当にこんな残念なことにならないように、ぜひこの
「全く変われない人」の特徴を理解して、真逆のことに取り組んでみて下さい。

1、出来ない事を人のせいにする。

一番初めの典型的な例は、
自分の力不足を他人のせいにする人です。
この人たちの口癖は、3D
D・・・でも
D・・・だって
D・・・どうせ
を多用します。

3Dの後に続く言葉をなんというか
、、、そうです!「言い訳」です。
ひたすら会議でも3Dを繰り返し、飲み会でも3Dを多用している。

常に周りのせいにして、自分の責任を認めようとしない。
これをやり続けているようでは、絶対に成長しませんし、変わる事も出来ません。

どうしてわかるのかというと、私がこれをやり続けていたからです。
ずっと「変わりたい」と思っているのに3Dを使いまくっていました。

でもある時、3Dを使えなくなったんです。
この時の話は別のブログに譲るとして、
本気で「変わろう」と決めて、3Dを使うのを止めました。

今、起こっていることの責任は、
すべて自分にあり周りのせいにする事をやめました。
その事が大きく変わるきっかけになりました。

2、過去の常識に囚われている人

私が見てきた中でとても多いのが、昔の功績を自慢する人です。
・前の会社ではこんな凄い事を成し遂げた。
・前の会社ではこんなに慕われていた。
・前の会社ではこれが常識だった。
過去の栄光ばかりを飲み会で話す人は、本当に変われないです。

何のために、転職しているのか?
前の会社で上手くいっているのであれば、転職などする必要がありません。
前の会社で成功した事を、さらに発展させるため、力を試すために
転職をしているはずが、前の会社の栄光に囚われて身動きが取れなくなっている
こんなケースをたくさん見てきました。

前と同じ事をやっても上手く行くかわからない。
だから楽しんです。
試行錯誤を繰り返し、少しずつカスタマイズを加えて、
出来上がった時の充実感は本当に口では言い表せないです。

少しの努力もせず、前と同じやり方、同じ方法を繰り返し
上手くいかないと嘆くだけ。
そんな人を見ていると、一体何のために「変わろう」と思ったのか
疑問になる事があります。

やはり「変わる」ためには、今までの常識を打ち破るパワーが必要ですね。
それと、何より大切なのが、過去の栄光を捨て去るという事ですね。

3、1歩ずつ進む

2番とも関係しますが、とても大切なことは、1歩ずつ進むということです。
「変わる」って聴くと、一気に180°変化させようと考える人が多いようです。

ロケットは1度違うだけで、飛んでいく方向が大きく変わるそうです。
このことから応用すると、小さな習慣の変化がいかに人生という長い道の行き先に
大きな変化をもたらすかということです。

多くの場合、10度ぐらい変化してきて、いよいよここからというところで
諦めてしまうケースが本当に多いです。
もしかすると10度変化したぐらいでは、日常生活における
変化はないのかもしれない。
でもこれを継続することで、11度、15度、20度と必ず変化をしていきます。
そして気付いたら180度変わっていたということはよくある話です。

この小さな努力を継続出来るか、出来ないのかが
「変われる人」と「変われない人」の大きな違いです。

ぜひこのブログを読んでくれている、あなたにお伝えしたいのは
毎日1%の変化を起こし続けるだけ、1年後には全く違った世界が
見えているという事を信じて頂きたいです。

まとめ

ここまで、5社の会社を変わってきた経験を通して
「変われない人」の特徴をご紹介してきました。
この特徴に1つでもあてはまると感じた人は、
「変わらない人」がやっていることと、真逆のことをやりましょう。

変わらない人が
・3Dを使っているのであれば、3Dを使わなければいいし
・常識に囚われて、身動きが取れないのであれば、
常識を疑い、今までと全く違うやり方を試してみればいいし
・一気に変わる事を信じているのであれば、
そんな夢物語はなく、一歩一歩確実に階段を登っていく事を考えたらいい
ぜひ、真逆の生き方を取り入れてみましょう。
意識をするだけで、大きく変化する事があります。
特に3Dは言葉なので、意識して使わないようにすれば、
きっと「劇的に変化できる人」になれますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください